毛皮ってどうやったら高く売れるの?

需要と供給を考えてみる

毛皮のコートを所有している場合、もし必要なくなったら捨てるよりも売却した方が良い場合もあります。これは、毛皮自体に価値がある場合です。では、毛皮はどのように価値が決まるでしょうか。
毛皮は、当然ながら重要と供給によってその価値が決まります。まず、需要に対して供給量が多い場合には、価値が下がりますので売却をしても大したお金にはならないでしょう。一方、需要が多く供給が少ない場合には価値が上がる傾向があります。もし、世の中にはあまり出回っていないもので、それを欲しいと言う人が多ければ売却をした方がお金になります。ただし、毛皮の価値はそれのみで決まるわけではありません。毛皮特有の事情も考慮しなければならないのです。

毛皮は季節も関係ある

毛皮の価値は、季節によっても異なります。毛皮が売れるのは、通常11月から3月にかけてです。特に冬のはじめには、多くの人が毛皮を購入するようになります。買取市場も当然毛皮を高価買取してくれるのです。1番高く売る方法は、早い段階で購入して、それを品切れと同時に売する形であれば、購入価格よりも高く売ることが可能になります。
では、一度着てしまった場合はどうでしょうか。この場合も売ることができますが、未使用品に比べると、査定額は半分程度に下がってしまいます。もし、できるだけ高く売りたいのであれば未使用品として査定をしてもらうのが良いでしょう。
もう一つ気をつけたいのは、毛皮にも流行がありますので、1年経過してしまうと、査定額が下がってしまいます。