いたんだ毛皮の再生方法

自分で出来る範囲の毛皮の再生術

毛皮を高く売るには、できるだけ状態が良い方が高値での売却が可能です。毛皮の傷みが目立つようであれば、売却前にまずは自身で可能な毛皮の再生方法を試す価値があります。毛皮を長時間に渡って圧迫していたために、毛並みにクセが付いていることは珍しくはありません。毛並みのクセは、濡れタオルやスプレーなどで軽く濡らして乾燥させると解消できる場合があります。
また毛皮は濡れると毛並みが弱ってしまい、ボリュームが失われるのが問題です。乾燥が必要ですが、高温で乾燥させるとかえって毛皮を傷めかねないため注意が必要になります。毛皮の傷みがまだ軽微なうちであれば、簡単な手入れでもできるだけ元の状態に戻せる可能性は高いです。

多少の目立った毛皮の傷みも専門家なら修復可能

毛皮の傷みが進んでいると、簡単には毛皮の再生はできません。一般人が下手にいじったとしてもかえって状態が悪くなり、毛皮を売る際の買取価格に悪影響が及びます。もし個人での毛皮の再生が難しいと判断するなら、専門家に毛皮を預けた方が確かです。汚れが目立つのであれば、毛皮を売る前にクリーニング店に依頼すると再生効果があります。簡単に落ちない頑固な汚れも、毛皮を傷めず洗浄が可能です。
また毛皮修理の専門業者に預ける方法が高値で売るコツの一つに挙げられます。毛皮の目立った傷もプロの修復技術なら元通りになるかもしれません。ただし毛皮を売る際に、クリーニングや修理の費用に見合った利益が得られるかどうかについて見極めは必要です。